テーマ:ライブ

ALL CLEARを楽しみました

1週間経ちましたが、今年における年度末、年度初めの三月三十一日、四月一日の両日は、坂本真綾さんのライブを楽しませていただきました。 初の海外公演も含まれていたツアーゆえ、海外受けするメドレーもあったりと一味違う楽しいひと時でした。ただ、演奏してくれたのは良かったのだけれど、「ハニー・カム」でのコーラスとの掛け合いに、物足りないものを…

続きを読むread more

初だった! #ライブ鑑賞

13日は、Kalafinaの大宮ソニックシティ大ホールでのライブを鑑賞してきました。言われてみれば、単独での埼玉公演は、その日がお初だったという。あまり気にしていなかったが、地元での開催は嬉しいもの。このツアーでは、お懐かしめの曲から最新の曲まで、ずらずらと楽しませてもらいました。より伸び伸びと表現できてきていることに彼女らの成長を感じ…

続きを読むread more

10th

先週、織田かおりさんのソロ10周年記念であり、10回目のソロライブかつBirthday LIVEを楽しんできました。いやぁ、歌いっぷりが素直で何度伺っても居心地が良いライブです。映画館を改装したライブハウスは、スクリーンのある中央を見せる造りから小柄の私にはありがたい。後方エリアにいて、人が前に立たれても、ステージ上の彼女らが(隙間から…

続きを読むread more

ローアングル #高垣彩陽 3rd コンサート BDを一言でいうと

高垣彩陽さんの3rdコンサートツアー2016”individual" BD先行上映会に参加させてもらいました。実際に現場にて鑑賞していますが、なにぶん2階の遠い場所からでしたから”お得感”はあります。そして、劇場なので大画面(ユナイテッドシネマ豊洲で3番目の大きさ)で見られるという。それにしても、あんなにもきついローアングルを多用したラ…

続きを読むread more

トワイライトメロディ? #牧野由依 #LIVE #DVD

牧野由依さんの[YUI MAKINO Concert ~twilight melody~] DVD2枚組を、個人的に伺ったライブなので、購入しました。演奏会があったのは8月です。此処が気に入ったのかと思うくらいに、このところ連続して恵比寿ザ・ガーデンホールで開催しています。次回の1月22日も同じ場所です-w-。 さて、本題のDVDを視…

続きを読むread more

見どころは、映像演出。 #やなぎなぎ #ライブ

当日も参加した「yanaginagi live tour 2016 Follow Your Tracks」を視聴。この人のLIVEは、プロローグと映像演出が愉しい。ぜひ見てもらいたい。特典映像として、演出に使われた映像も収録されていることが何よりも嬉しい。私は、「どこにも行かない」がお勧め。何故かは見ればわかります。あしからずm(__)…

続きを読むread more

ありがたし ♪o(≧▽≦)o♪ #矢井田瞳 #ライブ

LIVE映像パッケージを出してくれたことに感謝申し上げます。 先日のヤイダヒトリ初日は、地元チームの決戦とブッキングして行けなかった身には嬉しいかぎりです。 彼女のLIVEを初めて体験したのは、個人的に、2001年のライブイベント「SUMMER FESTIVAL SOUND of CLOVER」。彼女の背中を見て聴いていたとしても、こ…

続きを読むread more

転寝するほどに 心地よく #YES

YES ジャパンツアーを最終日に鑑賞。ドラムは、一部と二部前半を代役ジェイ・シェレンが演奏し、後はアンコールを含めアラン・ホワイトが演奏していました。オーチャードホールでは、フルレンジで一気に迫ってくる楽曲だと「TOKYO DOME CITY HALL」と違って篭る音に感じますが、前回と同様に転寝するほどに心地よくなりました。もし、2、…

続きを読むread more

The Elements Of #KingCrimson (2016 tour box) を得て^_

The Elements Of K.C. (2016 tour box) を入手。24ページのツアーブックレットとCD2枚。1969年から2015年までに録音されたものが対象のレア・トラック集。彼らのボックスセットをすべて手に入れられない者には、2014年版、2015年版と同様に、より魅力的なボックスになっている。 今回、そのCDに未…

続きを読むread more

#高垣彩陽 classical concert は上々なものでした

オーチャードホールにて、オーケストラの演奏による高垣彩陽さんのコンサートを鑑賞させてもらいました。何かいろいろと感心して聴いていました。それと同時に、良い方向でまだ原石なんだという印象も。。無為に歌い上げてしまうところなどは、受け取る身の情感を削がれなんとやら。上手いからこそ、控えてほしかったところが散在...。そうだとしても、歌や芝居…

続きを読むread more

P.S. ラスト イベントに #南里侑香

渋谷にて、南里侑香さんの fan club 最後のイベントに参加しました。貝田由里子さんをゲストにトーク&ライブということでした。最新アルバムから、「アンティフォーナ」で始まりです。演奏は、貝田さんがコーラスはもちろん、ピアノ伴奏をやったという笑顔級の値打ち感。大いに拍手であります。そして見知らぬギタリストの及川洋典さん、聴いてみればな…

続きを読むread more

公園の中で #ライブ #やなぎなぎ

先日、やなぎなぎさんの日比谷野外大音楽堂でのコンセプチュアル・ライブ「color palette~2016 Green~」 を鑑賞。一歩前進で、まあ良かったという面持ちでいます。この日の演奏は、草花やベンチが配置されたステージ上に、一部の曲でトロンボーン、トランペット、サックスの3人構成のキャラメルホーンズが参加して一味違うものに。ブラ…

続きを読むread more

白昼への旅路に花束を #Aimer_daydream

どんな旅を始めたのだろうかと聴き始める。一聴した時は、69%の満足度合いに感じた。正直、声の魅力に合ってはいないなと感じる曲もあれば、新鮮味を覚える曲もある。(ここで、どの曲がかは明示するつもりはない。)最初から満足度が高ければよいだろうけど、聴き込んだり時間を置いたりすればその度合いなどは変わる。それでも、旅の初めは、一つの確信が得ら…

続きを読むread more

RADICAL ACTION を聴く #KingCrimson

キング・クリムゾンが、2015年に、欧米そして日本ツアーで演奏した楽曲すべてを網羅したライブ・アルバム「RADICAL ACTION ( To Unseat The Hold Of Monkey Mind )」。手に入れたのは、収められた3枚のCDと映像Blu-rayのスタンダード・エディション。国内盤では、CDがK2HDマスタリングに…

続きを読むread more

みんなの春香さんだね...

先週、ようやく1stアルバムを出すことが出来た千菅春香さんの初ワンマンライブに。催された会場でのスタンディング鑑賞は、小柄の人間に辛いものがある。だが、貴重度合いを鑑み、同日行われるサッカー観戦よりも優先して行くことにしたのだ。踏ん張って楽しむほかない。(^_^;)ライブが始まると、彼女の緊張度合いが伝わって来る。共演者がいないことは、…

続きを読むread more

Unbalance ?

先日、分島花音さんのZepp DiverCityでのライブ(Unbalance by Me)に行ってきた。一言二言で感想を言うなら、渋好みにリズムが跳ね、またジャム・バンドのプレイを聴いているようで面白いものだった。それらを含め、何処がアンバランスなのやら、アーティストならそれも然りだろう(^^;)。好きなものが、きちんと音楽で見えてき…

続きを読むread more

蟲の旅のよう

遅ればせながら、やなぎなぎライブツアー2016の初日と最終日、いずれも東京で、六本木と水道橋でのライブに伺ったことを此処に記す。実に、どことなく蟲の旅を見聞したかのようなものだった。以前から言っているように、彼女の想像力には魅力的なものを感じている。そして今回は、その成長ぶりに、こちらも微笑みを多く返すことができた。舞台演出も、さらに愉…

続きを読むread more

#高垣彩陽 コンサート "individual" に。

高垣彩陽さんの3rd コンサートツアー2016を、ホールの片隅で観てきました。当然、アルバム"individual"の楽曲を中心に演奏されるわけですが、鑑賞するうえで、カバー曲に何を持ってくるのかが、第一の見どころでしたf(^^;)。カバーではクラシカルも可能な方ですしね。今回は、以前よりもクロスオーバーに迫って来るものがあったと思えま…

続きを読むread more

Live in Toronto を聴く #KingCrimson

キング・クリムゾン、2015年のライブ・ツアーから、11月20日カナダ・トロント公演の模様を収めたオフィシャル・コレクターズ・ブートレグがDGM Liveより登場。ニコ動に不適切な音源が上がっているのを見た時は怒り心頭に発したが、ようやく公式が来た。パット・マステロット、ビル・リーフリン、ギャビン・ハリスンのトリプルドラムを擁した7人編…

続きを読むread more

3.27 の恵比寿にて

「Yui Makino 30 Selection」。牧野由依さんの前回のライブ「Yui Makino Concert*around the note*」と同じ会場「恵比寿ザ・ガーデンホール」にて、彼女のHPで募集した、カバーしてもらいたい曲を参考に30曲演奏するイベントが開催された。今回は、音楽会ではなく、彼女にFCはないが、生演奏付き…

続きを読むread more

サブクエスト!? #FictionJunction

東京で桜の開花宣言があった日、サブクエスト「Yuki Kajiura Live vol. 13 featuring SAO」に参加すべく、かの東京府庁舎跡地へ赴く。ここでは、16人のバンド・メンバーを率いたコンポーザーによる、SAO劇伴曲131曲から選りすぐりの、アンコールを含めて30曲の演奏を、他の参加者と共に愉しむことが課題だ。親切…

続きを読むread more

ナインリィ

Aimer(エメ)。彼女の今年(2016年)最初のシングルである表題曲「ninelie(読み:ナインリィ)」は、4月より放送の“ノイタミナ”アニメ「甲鉄城のカバネリ」エンディング・テーマでもあると発表された。同アニメのサウンドトラックを手掛ける劇伴作家・澤野弘之さんが楽曲提供・プロデュースを担当する。彼女の代表曲「RE:I AM」「St…

続きを読むread more

微笑ましく。

ヴァレンタインの日の終わりに、織田かおりさんのアコースティック・ライブ 夜の部を立見で堪能しました。 彼女の歌とピアノ伴奏。「ゼロトケイ」から始まり、トークライブのみでもOKな好いノリで約2時間を楽しませてくれました。終わりには、(ほぼ)観客全員とハイタッチするなどのファンサービスも怠らない。 やはり、ソロでの曲は、ライブで色々な変化が…

続きを読むread more

協和

KOKIAさんのオーケストラコンサートを鑑賞。今回の第2章「KOKIA Heart touching music Symphonic Concert」では、栁澤寿男さん指揮による東京フィルハーモニー交響楽団との共演。20分の休憩を挟んで1部50分ずつの2部構成。嫌味がない演奏は、あっという間に終わってしまいました。今回の管弦楽との協和に…

続きを読むread more

LIVE TOUR 2015-2016“FOLLOW ME UP” ファイナルに参加!

坂本真綾さんの昨年4月に行われたFollow Meライブと対になるツアーのファイナルに行ってきました。追加公演。前日6日の音響は、音の歪みや割れが所々で目立っていました。この日はというと、それが無いとは言いきれませんでしたが、抑えた音響で聴けたことにほっと一息。締めはきちんとしたいですからね。両日、演奏そのものについては良好。彼女の歌は…

続きを読むread more

2015年の〆に

今年のライブ鑑賞の締めは、東京国際フォーラムでの坂本真綾さんのライブでした。彼女は、ここで、もう一日、大晦日カウントダウン・ライブをしますが、私としては、この30日で〆です。今月5日にもソニックシティで観ましたが、、あらためて彼女の素敵な歌声を間近で聴けたことに感謝します。同じツアー中ですから、各々のホールのリバーブの指向性の違いに関心…

続きを読むread more

恵比寿にて

「Yui Makino Concert * around the note * 」に伺った。この日の目的地は、恵比寿ガーデンホール。最寄りの恵比寿駅は、谷にある。恵比寿ガーデンプレスは丘陵地。駅東口から直通のスカイウォークは、屋根や動く歩道があるが平坦で淡白な道である。より情景との出会いを楽しみたければ、どうしても駅西口から出てしまう。…

続きを読むread more

群青

先日、「ハピこし!ライブ」に伺った。会場は、TOKYO DOME CITY HALL。曇天だというのに、その日のTOKYO DOME CITY内は、いつも以上に賑やか。特に目立ったのは、華やかな女性の方々の多さである。何かと思えば、ドーム球場で、別のライブが行われるらしく、その開場を待機している。中には、応援グッズを速攻で作っていたり、…

続きを読むread more

仕掛け絵本導入パッケージ?

スピッツが2016年元旦にリリースする今度の映像作品の詳細についての記事を改めて見てる。そのデラックスエディションは、仕掛け絵本を導入したパッケージだという。仕掛け絵本は、好いアイデアだと思う。私自身、簡単な仕掛けを載せて、各々を解説している翻訳本を取り寄せた程に好きだから好奇心が湧く。しかし、パッケージそのものが、仕掛け(ポップアップ…

続きを読むread more

この「ふたつの世界」には、

”くるり”の最新シングル「ふたつの世界」の初回限定盤のみに付属する『NOW AND THEN DISC』。ライブに行けなかった人には好い一編でしょう。 結成20周年に向けて展開される「NOW AND THEN」は、”くるり”の足跡を巡りあらためて見つめ直すコンセプト・ライブ・シリーズで、第1弾が4月に開催された。すでに第2弾も、11月…

続きを読むread more