テーマ:ガンダム

1:144 RG スカイグラスパー

しばらくこのブログから遠ざかっていた間にしていたことを、いくつか回顧して投稿していきます。まずは、RGスカイグラスパー [ランチャー・ソードパック]の制作を振り返ります。このキットを購入したのは、2012年に発売されて直ぐでした。本格的に積みプラ崩しを始めたのは、その4年ぐらい経ってからでしょうか。ですから、当時はEXモデル「SEEDメ…

続きを読むread more

飛べ! ウィンダム w/ジェットストライカー

「機動戦士ガンダム SEED Destiny」放送開始から15年以上経ちます。その本編に出てくる量産型モビルスーツが、今年になってようやくプラモデルキットとして発売されました。ランナーを確認しましたが、多色成形ランナーを生かした大胆なパーツ割りになっています。量産型モビルスーツゆえ大量に組み立てる人を想定しているのでしょう。想像していた…

続きを読むread more

HGUC MS-05B 旧ザク 3機目 を

先月で発売13周年のHGUC 旧ザク 3機目を組み上げ完了しました。発売直後にまとめ買いし、10年以上眠らせていたキットでしたが、この2年で3機すべてを立体化できました。これも「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 」アニメ化のおかげです(^^♪。 OVAで動く旧ザクを見たからというのはもちろん、THE ORIGINザクのキットを目…

続きを読むread more

HG ザクII C/C-5型キットをC-6/R6型へ改装

未開封だったもう一つのザクII C/C-5型キットを、発売より先にザクII C-6/R6型へと改装しました。改装ポイントは、胸中の機関砲のみですから、そうそう手間取らないと踏んでのことです。 改装と組み立て 多くの時間をかけたのは、仮組みしたボディを使ってどの位置にどのくらいの大きさの穴を開けるかの検討です。穴の径が決まれば、銃口に…

続きを読むread more

ROBOT魂でコアブースター!!

「なんとぉ!」と驚きをもって知ったROBOT魂でコアブースターの発売です。それもスレッガー機とセイラ機の2機セットです。 劇場版「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」は、公開してすぐに地元の映画館で見ており、その冒頭での活躍が印象的でした。この飛行機を模型で作りたいと思っていましたが、なかなか納得のいく製品にめぐりあっていま…

続きを読むread more

MSでスラローム

今回は、ガンプラでスラロームする際の姿勢を台座無しで撮ろうと、「ガンダムビルドダイバーズ」に出てくる模型であるグリモアレッドベレーを使って試みました。 きっかけは、パッケージにある完成写真でした。この胴体とインラインスケートのような足元の形状を見て、これはスラロームで曲がる際の姿勢が台座なしでも出来そうと思えてきたからです。 オリジ…

続きを読むread more

HGUC スタークジェガンを

予告通り、ジェガンの派生型を組み立てました。見ての通り、D型から派生したスタークジェガンをカスタマイズしたものです。 準備 カスタマイズするにあたっては、まずその要件を固めましょう。空想または妄想の世界であろうとも、捉えどころを間違えて、積み木を単純に積み重ねた木偶の棒となっては意味がありません。対艦攻撃能力の強化であること目標探知…

続きを読むread more

HGBF ゴーストジェガンFをカスタマイズ

今度は、プレミアムバンダイで発売されたジェガンを組み立て。このキットは、HGUCジェガン(エコーズ仕様)に新規造形パーツが追加されたものです。 ゴーストジェガンには、M型とF型の2種類ありますが、共通してアーミーナイフとラックが追加されています。このF型は、その他にバイザー関連と肩アーマーが新規造形パーツです。M型では、F型と異なるバ…

続きを読むread more

HGCE ブラストインパルスガンダム を組み上げる (3)

インパルスガンダムモビルスーツ本体の組み上げは、ボディ、腕、脚、足、腰、そして頭という順番で組み上げていきました。 ボディ ボディは、もともとオリジナルが複雑な色使いをしており、それを再現するために、黄色、エメラルドグリーン、紺、青、白と5色のパーツを絡ませた構成になっています。その腕とのジョイント部を見る限りでは、この模型ではORI…

続きを読むread more

HGCE ブラストインパルスガンダム を組み上げる (2)

ブラストシルエットブラストシルエットは、合体時に先のシルエットフライヤーという無人牽引機と接続され運ばれるインパルスガンダム用バックパックの一つです。砲撃戦向けということで砲が4器にミサイル装備そして護身用にジャベリンが格納されているという設定です。 この模型では、ジャベリンが大型ビーム砲に1つずつ格納されている箇所も見られるように再現…

続きを読むread more

HGCE ブラストインパルスガンダム を組み上げる (1)

およそ2年前に手に入れてしばらく放置していましたが、ようやく、ブラストインパルスガンダムに手をつけることにしました。ガンプラの場合は、オリジナルの塗装スキームにしない前提で組み上げることを考えています。ですので、塗装スキームが思いつかない限りしばらく眠らせることになります。このブログに掲載したガンプラを見ても、オリジナルの塗装スキームに…

続きを読むread more

#ザク ハーフキヤノン MS-06CK を乾燥帯域仕様に塗る #ガンプラ

今回は、ザク ハーフキヤノン。どのザクキヤノンよりも、小規模改修が施されたイメージが、リアルタッチで前から気になっていました。当初は買うのを控えていたのですが、やはり買ってしまいました。 ただ、ゴッグに寄せたのかは知りませんが、ブラウンとイエローの塗装がしっくりこない。このことから、乾燥帯域に見られる現代的な塗装に落とし込み仕上げるこ…

続きを読むread more

#HGUC #ジムクゥエル を再塗装してみたら #ガンプラ #筆塗り

今回は、HGUC No.74のジムクゥエルをあらためて塗装し直したものになります。この模型、発売されて直ぐに組み上げ、飾るには飾ってはいたものの、保護せず放置していた一品でした。当時、左手でライフルを持てることに魅力を感じて購入しました。その頃も、MSハンドなど安価なビルダーズパーツは存在せず、スクラッチビルドか、レジンなどによるサード…

続きを読むread more

ストライクルージュのように 暁高達 - 大鷲暁(2) #g_seed #ガンプラ

今回は、ナチュラルメタル塗装にしたオオワシ(バックパック)を装着するためのMSであるアカツキガンダムを制作しました。オオワシ制作篇で示したとおり、金でも銀でもないメタリック塗装を施しました。つまり、デフォルトではなく、クリアーのオレンジを落とすだけではないメタリック仕上げになるということになります。 それがこちら 組み立て 組み立て…

続きを読むread more

オオワシ - 大鷲暁(1) #g_seed #ガンプラ

A6イントルーダーを制作した影響か、たまごひこーき以外の飛行物体の模型に手を出したくなりました。そして、同梱されたフライヤーにあるミグやセイバーのおかげで、全面メタリック塗装を挑みたくもなります。あいにく、そのナチュラルメタルに見合う飛行機模型が手元にない。そこで、バックパックに翼があるMSを注視。空戦想定のアカツキガンダムであるオオワ…

続きを読むread more

【模型】 #ザクII MS-06Cを組み立てました #ガンプラ

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN V」の映像を観て衝動買いしました「MS-06 ザクII C型/C-5型」を制作しました。このパッケージでは、その名の通り、C型とC-5型の2通りの初期型ザクIIが作れます。装備については、「~THE ORIGIN I」の時に発売されたシャア専用機にはないベルト給弾式マシンガンもあり、より豊富です…

続きを読むread more

【模型】 バズーカ2丁持ち #旧ザク #ガンプラ

今回は、HGUC ザクIの3機編成2機目を制作しました。発売開始直後にまとめ買いしてから10年以上寝かせていたことになるHGUCザクI 3機分のうち1機目は、この4月に仕上げることが出来ました(参照記事:”積まれた箱をぶち壊せ #ガンプラ #旧ザク #プラモデル #模型 ”)。そして、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN V」の映像…

続きを読むread more

煌めくために ~ HG インフィニットジャスティス・ガンダム制作(2)~

GSIクレオスの40th Anniversaryシリーズのクランベリーレッドパールを試すとともに、筆塗りによる全面的メタリック塗装に挑む目的でHGインフィニットジャスティス・ガンダムを制作してますが、前記事では、ファトゥム01の制作までとしました。今回で、 モビルスーツ本体の制作へと進み完成させることになります。そのファトゥム01は、大…

続きを読むread more

ファトゥム01に光を ~HG インフィニットジャスティス・ガンダム 制作 (1)~

エグザスの後は、同じ赤系統のプラモデル:インフィニットジャスティス・ガンダムを積みプラから崩すことにしました。それは、発売40周年記念に復刻された塗料を試したいからであり、筆塗りによる全面的メタリック塗装への再挑戦とも言えそう。 その塗料:クランベリーレッドパールを、実は、エグザスで試そうとしていました。しかし、発売が遅れるのがわかっ…

続きを読むread more

#モビルアーマー を70年代の軍用機風に #g_seed #ガンプラ

積みプラをまた一つ崩しました。「モビルアーマー エグザス」。有線コントロールする子機を4機装備し、メビウス・ゼロの後継機ともいえるモビルアーマー。こちらを、70年代によく見られたハイビジビリティ塗装のように仕上げてみました。 改修点は、一つ。ガンバレルと呼ばれる子機のバーニアを「1/100 MSバーニア01」の4タイプのいずれにも…

続きを読むread more

黒・紫・赤ではなく #ガンプラ #模型 #プラモデル

今回は、「HGUC No.59 MS-09 ドム/MS-09R リックドム」 を積みプラから崩しました。なぜ買ったのか思い出せません(笑)。DVD付きであることが箱には表記されていますが...。はてな。組み立てるにあたっては、「塗装に黒、紫、赤を単純に使わない」とした緩い条件で作り始めることにしました。 さて、どの時期のドムがよかった…

続きを読むread more

積まれた箱をぶち壊せ #ガンプラ #旧ザク #プラモデル #模型

スナイパータイプを組み立てた勢いで、残りのHGUCザクIを一気に続けて3機制作したいところでしたが、やはり一つ一つ丁寧に改装・改修を考えたうえで、箱を壊していきたいと思います。前回のスナイパータイプと同様に、今回も、オリジン版旧ザク組み立てで余ったパーツを利用し、改装・改修しました。それが、こちら。何処がと言われそうですが、アイデアとし…

続きを読むread more

MS05L ザク I スナイパー #ガンプラ #旧ザク #プラモデル #模型

はじめに、先日、オリジン版旧ザクを黒い三連星のマッシュ機にした模型を掲載しましたが、本家プレミアムバンダイさんが、先月末日に発売予約開始しました。気になる方は、こちらからどうぞ。→[プレミアムバンダイ] HG 1/144 MS-05 ザクI(黒い三連星機) さて今回は、同じ旧ザクでもHGUC版旧ザクのファミリーであるザクIスナイパーを…

続きを読むread more

深宇宙探査開発専用機  #ガンプラ #模型 #プラモデル #g_seed

今回のガンプラは、正直に、11年前に買ってあったことを忘れていたもの。おそらくブルデュエル・ガンダムの記事で写真にチラッと出てきたケルベロス・バクゥハウンドと一緒に買ったのであろう「スターゲイザーガンダム」、「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER」の主役機。この模型を買ったのは、当時、ホログラム・シールに興味を持っ…

続きを読むread more

ザクI(デニム/スレンダー機)をマッシュ機に #ガンプラ #THE_ORIGIN #旧ザク

宣言通り、オリジン版ザクI(デニム/スレンダー機)を制作です。昨年、発売開始早々に買ったガンプラを後に黒い三連星になるマッシュ機に仕上げてみました。正直に”スミス海の戦い”時のMS-05を再現するなら、装備の面から3月に発売されるシャア・アズナブル機を使って実現するのが近道でしょう。ショートシールドの存在は大きい。バズーカに関しては、A…

続きを読むread more

積みプラ減らし。今回は量産型ゲルググ! #ガンプラ

切っ掛けは、不意に、身近にあったシャアのゲルググを被写体に、カメラを弄りだしたことにあります。10年ほど前、当時は、素組みで仕上げ、(今ならビルダーズパーツ等があるけれど)開いた左手があることに感動しました。それで量産型ゲルググが発売され今度はきちんと塗装しようと購入していたことを思い出したからです。 ゲルググはファーストガンダムの劇…

続きを読むread more

RGM-79FP ジム・ストライカー を組み立てました #ガンプラ

年初めに組み立てあがったガンプラは、ジム・ストライカーです。ドム・トルーパーを組み立てあげた先月が、ちょうど10年前に発売を開始した月でした。当時、予約して買った模型がようやく組み立てられることになりました(笑)。 このモデルは、先日作ったジムIIセミ・ストライカーの武器、ツイン・ビーム・スピアを持つ原典のモビルスーツになります。セミ・…

続きを読むread more

2016年製作した 模型 #ガンプラ

今年は、積み模型の制作を再開しました。特にガンプラHG及びRGシリーズを制作すればだいぶ減ります。ともあれ、今年も4体ほどガンプラを買ってしまいましたから至急案件に。出来たのは、写真のメビウス・ゼロ、グフイグナイテッド、ドム・トルーパー、ブルデュエル・ガンダム、プロトタイプグフ、ジムIIセミストライカー。あと、メビウス・ゼロ…

続きを読むread more

#ガンプラ のトルーパーといえば

今回は、ブルデュエル・ガンダムと同時に見つかったガンプラではなく、ガンダムSEED Destiney のドム・トルーパーを先に制作することにしました。色彩は、人気MSドムの派生クラスですから、紫、黒、赤が定番です。これをあえて使わない前提で進め、トローペンやプロトタイプグフのように焦げ茶色でもなく、また迷彩にもしませんでした。色々と考え…

続きを読むread more

アンダーな感じに制作? #g_seed

積まれている模型をできることなら製作しようとしている中で、今回は、正直、10年前に買ってあったのを忘れていたものの一つ。「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER 」に登場するブル・デュエルガンダムに、より暗い雰囲気を持たせようと始めたのですが...。 色は、名前にブルーが含まれていることを前提に決めました。この…

続きを読むread more