テーマ:音楽

ALL CLEARを楽しみました

1週間経ちましたが、今年における年度末、年度初めの三月三十一日、四月一日の両日は、坂本真綾さんのライブを楽しませていただきました。 初の海外公演も含まれていたツアーゆえ、海外受けするメドレーもあったりと一味違う楽しいひと時でした。ただ、演奏してくれたのは良かったのだけれど、「ハニー・カム」でのコーラスとの掛け合いに、物足りないものを…

続きを読むread more

#牧野由依 「WILL」を聴く

牧野由依さんのミニアルバム「WILL」を入手。早速、一聴しました。 1曲につき最大5点として評価してみましたが、計7曲で28点になりました。これは全て4点としたわけではありません。しかし、全体で8割ほどの得点になりましたから、最良とはいえなくても出来の良いアルバムだと思います。あくまで、一聴したかぎりでのことですから、聴き込めば変わる…

続きを読むread more

CLEAR 来たる

来ました、坂本真綾さんの27thシングルCD。タイトル曲は、「カードキャプターさくら」クリア・カード編のOP曲であります。確かに世代問わずポップで前向きになれるアニメソングに仕上がったのかなと思えます。旧知のメンバーによる演奏は、安心して聴けますし、これがどれくらい多くの人にどのように響いていくのでしょうか。見届けたい。 シングルCDの…

続きを読むread more

さあ、来年は

坂本真綾さん、今年は音源のリリースがなかったので、彼女の近況を知りたく、久しぶりにインタビュー記事のある雑誌を購読。2月の冨田ラボのライブには行けましたけど、イベントや芝居にはそう容易く行けなかったですね。あの二人芝居も相当変わっていたことでしょう。東宝が発売するDVDに手を出せるか未定ですが、来月の芝居も行けない。アニメも「黒執事」、…

続きを読むread more

Kaori's melody をCDで聴く

織田かおりさん、初のライブ・アルバム。それもアコースティックである。これほど早い時期で手元に入れられるとは考えていなかったから、それは嬉しい。先日の最新アルバム初回限定盤の店舗限定で提供されたのでもしかしたらと思っていたなかでの実現だ。私は、Vol.#2には伺うことが出来たが、今年はかなわず。来年も危ういので、さらに嬉しい。 そのC…

続きを読むread more

「Gift」が手元に

織田かおりさんの最新アルバム「Gift」を、祭り(さいたまダービー)の後に聴いております。今回のアルバムもタイアップ作品が多く、1曲1曲が粒ぞろい。アルバムの構成として、前作(4分台の曲が13曲中12曲もあった)より抑揚が滑らかで、粒が際立っている印象を持ちました。提供者を絞れたことからなったのかとも思えます。流れが良くなったとはいえ、…

続きを読むread more

The Elements 2017 TOUR BOX を

今年もツアーに出ているキング・クリムゾン。そのツアーボックスを手に入れました。今回は、配信している曲を含め、4割強が初CD音源に。 1枚目には、追悼の念を込めたのでしょう、2つのトラックを使い「21st Century Schizoid Man」の冒頭をグレッグ・レイクの声で始めて2015年のLIVEレコーディングへと繋がります。最初…

続きを読むread more

楽曲 #一切は物語 は面白し

南條愛乃さんの新曲「一切は物語」は、やなぎなぎ さんをフューチャーした曲で、現在、TV放送中のベルセルク2期のEDテーマ。作・編曲は、クラムボンのミト氏で、作詞は、やなぎなぎさんと実に面白いセットとなっている。素直にマニアックぶりを出してくる曲に、彼女の詞が乗っているのだから入手する価値はあると思う。 ここは、きちんとフルサイズで聴き込…

続きを読むread more

初だった! #ライブ鑑賞

13日は、Kalafinaの大宮ソニックシティ大ホールでのライブを鑑賞してきました。言われてみれば、単独での埼玉公演は、その日がお初だったという。あまり気にしていなかったが、地元での開催は嬉しいもの。このツアーでは、お懐かしめの曲から最新の曲まで、ずらずらと楽しませてもらいました。より伸び伸びと表現できてきていることに彼女らの成長を感じ…

続きを読むread more

10th

先週、織田かおりさんのソロ10周年記念であり、10回目のソロライブかつBirthday LIVEを楽しんできました。いやぁ、歌いっぷりが素直で何度伺っても居心地が良いライブです。映画館を改装したライブハウスは、スクリーンのある中央を見せる造りから小柄の私にはありがたい。後方エリアにいて、人が前に立たれても、ステージ上の彼女らが(隙間から…

続きを読むread more

祝 復帰 #まめぐ

待ち遠しかった。新たな歌が聴けることを。新たな始まりを迎え入れることができたことに感謝でR>^_^<。彼女は、シングルCDを買う数少ない歌い手の一人。ほぼ三年間待ちましたね。年甲斐もなくニヤニヤしながら聴いてしまいます。vinylマニアの彼女は、どこまで吹っ切れたのか。または、これから、どのように吹っ切れていくか。ぜひ、ご自…

続きを読むread more

ローアングル #高垣彩陽 3rd コンサート BDを一言でいうと

高垣彩陽さんの3rdコンサートツアー2016”individual" BD先行上映会に参加させてもらいました。実際に現場にて鑑賞していますが、なにぶん2階の遠い場所からでしたから”お得感”はあります。そして、劇場なので大画面(ユナイテッドシネマ豊洲で3番目の大きさ)で見られるという。それにしても、あんなにもきついローアングルを多用したラ…

続きを読むread more

トワイライトメロディ? #牧野由依 #LIVE #DVD

牧野由依さんの[YUI MAKINO Concert ~twilight melody~] DVD2枚組を、個人的に伺ったライブなので、購入しました。演奏会があったのは8月です。此処が気に入ったのかと思うくらいに、このところ連続して恵比寿ザ・ガーデンホールで開催しています。次回の1月22日も同じ場所です-w-。 さて、本題のDVDを視…

続きを読むread more

luminescence Q.E.D.  #分島花音 次への期待感

分島花音の新作「luminescence Q.E.D.」。先日のZepp DiverCityにおけるLIVEがアーカイブされた映像がある初回限定を購入しました。彼女の音楽は、曲そのものがクオリティが高く面白いと思いますね。ただ、映像を見てもうかがえるように、歌が、その良さを隠してしまっていると言うか引き出し切れていない。だから嵌ったなと…

続きを読むread more

見どころは、映像演出。 #やなぎなぎ #ライブ

当日も参加した「yanaginagi live tour 2016 Follow Your Tracks」を視聴。この人のLIVEは、プロローグと映像演出が愉しい。ぜひ見てもらいたい。特典映像として、演出に使われた映像も収録されていることが何よりも嬉しい。私は、「どこにも行かない」がお勧め。何故かは見ればわかります。あしからずm(__)…

続きを読むread more

ありがたし ♪o(≧▽≦)o♪ #矢井田瞳 #ライブ

LIVE映像パッケージを出してくれたことに感謝申し上げます。 先日のヤイダヒトリ初日は、地元チームの決戦とブッキングして行けなかった身には嬉しいかぎりです。 彼女のLIVEを初めて体験したのは、個人的に、2001年のライブイベント「SUMMER FESTIVAL SOUND of CLOVER」。彼女の背中を見て聴いていたとしても、こ…

続きを読むread more

転寝するほどに 心地よく #YES

YES ジャパンツアーを最終日に鑑賞。ドラムは、一部と二部前半を代役ジェイ・シェレンが演奏し、後はアンコールを含めアラン・ホワイトが演奏していました。オーチャードホールでは、フルレンジで一気に迫ってくる楽曲だと「TOKYO DOME CITY HALL」と違って篭る音に感じますが、前回と同様に転寝するほどに心地よくなりました。もし、2、…

続きを読むread more

The Elements Of #KingCrimson (2016 tour box) を得て^_

The Elements Of K.C. (2016 tour box) を入手。24ページのツアーブックレットとCD2枚。1969年から2015年までに録音されたものが対象のレア・トラック集。彼らのボックスセットをすべて手に入れられない者には、2014年版、2015年版と同様に、より魅力的なボックスになっている。 今回、そのCDに未…

続きを読むread more

”茜さす/everlasting snow” を

「夏目友人帳 伍」のエンディングテーマに、Aimer。最新アルバムが好調の彼女を選んだことに感心してしまう。嵌り具合が心地よい。このEPを聴くにあたり、先にCP曲と共にインストルメンタル曲を聴くこともお勧めしたい。これらの曲に、どんな言の葉を載せることができようかと思いを巡らす。それから彼女の素晴らしい詞と唄を聴いてみる。 入手したの…

続きを読むread more

#高垣彩陽 classical concert は上々なものでした

オーチャードホールにて、オーケストラの演奏による高垣彩陽さんのコンサートを鑑賞させてもらいました。何かいろいろと感心して聴いていました。それと同時に、良い方向でまだ原石なんだという印象も。。無為に歌い上げてしまうところなどは、受け取る身の情感を削がれなんとやら。上手いからこそ、控えてほしかったところが散在...。そうだとしても、歌や芝居…

続きを読むread more

P.S. ラスト イベントに #南里侑香

渋谷にて、南里侑香さんの fan club 最後のイベントに参加しました。貝田由里子さんをゲストにトーク&ライブということでした。最新アルバムから、「アンティフォーナ」で始まりです。演奏は、貝田さんがコーラスはもちろん、ピアノ伴奏をやったという笑顔級の値打ち感。大いに拍手であります。そして見知らぬギタリストの及川洋典さん、聴いてみればな…

続きを読むread more

公園の中で #ライブ #やなぎなぎ

先日、やなぎなぎさんの日比谷野外大音楽堂でのコンセプチュアル・ライブ「color palette~2016 Green~」 を鑑賞。一歩前進で、まあ良かったという面持ちでいます。この日の演奏は、草花やベンチが配置されたステージ上に、一部の曲でトロンボーン、トランペット、サックスの3人構成のキャラメルホーンズが参加して一味違うものに。ブラ…

続きを読むread more

白昼への旅路に花束を #Aimer_daydream

どんな旅を始めたのだろうかと聴き始める。一聴した時は、69%の満足度合いに感じた。正直、声の魅力に合ってはいないなと感じる曲もあれば、新鮮味を覚える曲もある。(ここで、どの曲がかは明示するつもりはない。)最初から満足度が高ければよいだろうけど、聴き込んだり時間を置いたりすればその度合いなどは変わる。それでも、旅の初めは、一つの確信が得ら…

続きを読むread more

RADICAL ACTION を聴く #KingCrimson

キング・クリムゾンが、2015年に、欧米そして日本ツアーで演奏した楽曲すべてを網羅したライブ・アルバム「RADICAL ACTION ( To Unseat The Hold Of Monkey Mind )」。手に入れたのは、収められた3枚のCDと映像Blu-rayのスタンダード・エディション。国内盤では、CDがK2HDマスタリングに…

続きを読むread more

みんなの春香さんだね...

先週、ようやく1stアルバムを出すことが出来た千菅春香さんの初ワンマンライブに。催された会場でのスタンディング鑑賞は、小柄の人間に辛いものがある。だが、貴重度合いを鑑み、同日行われるサッカー観戦よりも優先して行くことにしたのだ。踏ん張って楽しむほかない。(^_^;)ライブが始まると、彼女の緊張度合いが伝わって来る。共演者がいないことは、…

続きを読むread more

晴れ 時々くるり

くるりの新譜は、この暑い夏、室内で涼しみながら、聴くと心地よい。それも、強い日差しの照り返しで、電気をつけなくても室内が隅々まで薄明るい時間帯で聴くとなおさらである。発売時期ゆえかもしれないが、日本にある忘れがちな情景に合いそうで何よりホッと寛げる。 そして、初回特典の「NOW AND THEN DISC Vol.2」は、3rdと4th…

続きを読むread more

Unbalance ?

先日、分島花音さんのZepp DiverCityでのライブ(Unbalance by Me)に行ってきた。一言二言で感想を言うなら、渋好みにリズムが跳ね、またジャム・バンドのプレイを聴いているようで面白いものだった。それらを含め、何処がアンバランスなのやら、アーティストならそれも然りだろう(^^;)。好きなものが、きちんと音楽で見えてき…

続きを読むread more

お疲れ様でした

BOOM BOOM SATELLITES、初めて知ったときは、同じ時代を生きる者として、彼らが世界に出て高評価されているなんて凄いと恐れ入った。その後も、分野は違えど、胸懐では彼らの存在を励みにしていたといってもいい。その見つめて続けていたバンドが、とうとう活動終了を宣告した。「LAY YOUR HANDS ON ME」が最後の…。ぜひ…

続きを読むread more

蟲の旅のよう

遅ればせながら、やなぎなぎライブツアー2016の初日と最終日、いずれも東京で、六本木と水道橋でのライブに伺ったことを此処に記す。実に、どことなく蟲の旅を見聞したかのようなものだった。以前から言っているように、彼女の想像力には魅力的なものを感じている。そして今回は、その成長ぶりに、こちらも微笑みを多く返すことができた。舞台演出も、さらに愉…

続きを読むread more

#高垣彩陽 コンサート "individual" に。

高垣彩陽さんの3rd コンサートツアー2016を、ホールの片隅で観てきました。当然、アルバム"individual"の楽曲を中心に演奏されるわけですが、鑑賞するうえで、カバー曲に何を持ってくるのかが、第一の見どころでしたf(^^;)。カバーではクラシカルも可能な方ですしね。今回は、以前よりもクロスオーバーに迫って来るものがあったと思えま…

続きを読むread more