イタレリ F-35B Lightning II STOVL version その(2)

イタレリの1:72 F-35Bキット制作を振り返る続きです。

イタレリ F-35B

ボディ塗装

ボディ・パーツを接合し、隙間の有無を確認しましたが、気になるほどの大きな隙間は見当たらず。あえて気をつけたいのは、排気ノズルカバーを接着する際に受け身側パーツの接着具合いでしょうか。上下のボディ・パーツとエンジンパーツの支えパーツによる3つで支えられるパーツです。キッチリ接着しておかないと、カバーを差し込もうとすると一緒にボディ内部へ入り込んでいき元に戻せなくなってしまう可能性があります。

確認を終えたあと、すぐにボディ塗装を始めました。このステルス機特有の様々な色に見える色ですが、色を選ぶ時は、写真を参考にする際に、どの時間帯に撮影したものか、光の反射に気をつけて見ていくとこれだという近似色が見つかるのではないでしょうか。朝や夕方だったら赤味が強く、それを差し引いた色はどのような色かとか探れますね。単色のカラー・フィルターのパラメータを弄り探っていくというのも面白いと思います。

2年前にハセガワのキットを制作した時は、デカールにある(パネルラインの)グレイに合わせたため、全体的に明るめの塗装にしましたが、今回はパネルラインも筆塗り塗装するので、写真でよく見かける色見に近い塗料を選びました。

ボディには、タミヤアクリルのダークグレイを、パネルラインには同じくタミヤアクリルの佐世保海軍工廠グレイを使って塗っています。パネルラインの塗装に際しては、マスキング・テープは一切しませんでした。そのほとんどが凸モールドで色の境目が目立ちますし、甘いディティールのモールドが施されています。また、細かいところでパネルラインが省略されてもいます。ですから、その大胆さを生かすにあたり、塗装までキッチリしたラインにする必要ないと思ったのです。ハセガワのようにキッチリとしたモールドであれば話は別でしょう。

  リフトファン

フラッペロンと水平尾翼の位置決め

今回の目的には、水平尾翼の角度変更は欠かせません。今回の正念場です。とはいえ、変更する以前にこのキットのままでも後ろが少し上がっているように見えます。これですと、着陸直後に停留場へ移動している時の姿勢に近い角度です。これはあくまで個人的な見解ですが、単純に停留している状態にするなら水平尾翼の取り付け角度の修正が必須かと思えます。気にならないようでしたら、そのままで構いません。

水平尾翼の角度修正ですが、ハセガワのキットでの約15度ほどよりも高い角度を目安とした大きな改造となりました。それゆえ、パテも今回はエポキシパテを使った大胆な作業です。ボディと水平尾翼の間に、丸めたパテを挟んで整形していくことにしました。

最初は、ボディ側パーツと水平尾翼側パーツの両方の断面を互いに削り込み、隙間に丸めたエポキシパテを埋め込もうとしました。しかし、水平尾翼パーツ側が安定せず落ちてしまいました。そこで、ボディ側に付けたエポキシパテの中へ軸としてプラ棒を差し込み、その軸先を水平尾翼パーツの奥に入れることで、水平尾翼の位置を安定させました。

完成した後で気づいたのですが、ここの角度を少し間違えてしまったと思います。というのも、キットの垂直尾翼の大きさ、特に高さがハセガワのそれよりも明らかに高く、それを意識したうえに、目安を30度と前回の倍にしていたためでしょう。完成した姿をみると水平尾翼が立ちすぎな気がします。おそらく、実際は20度ぐらいで良かったのではないでしょうか。反省<(_ _)>

そして、離着陸の際には、フラッペロンも角度を変えますので修正が必要です。ですが、なにも複雑なことはしません。主翼の付け根側に接着する部分をフラッペロンを降ろした角度になるようヤスリ掛けをして、その胴体との隙間にパテを埋めるだけで済ませられます。当然、主翼とフラッペロンの隙間が空きすぎないようにすることを忘れずにです。

イタレリ F-35B 斜め後方フラッペロン

カバー類

このキットでは、ウェポンベイが開いた状態を再現できます。だからこそ、購入しました。離着陸の際は、リフトファンの上下のカバーや補助インテーク、そして排気ノズル下のカバーも開きますから、カバーは、結構な数になります。ただ、武装を装備したウェポンベイの中を見せるためにカバーを全開した状態を想定しています。

今回の目的である着陸状態にするにあたっては、そのウェポンベイ・カバーの一部も開きます。ですが、全開ではありません。また、そのウェポンベイ・カバーのもう片方の観音扉は閉じています。従い、どちらのカバーもそれぞれ支柱の調整を必要としました。片方は半開状態になるように、もう片方は閉じた状態であるように。

イタレリ F-35B 下部

ハセガワのキットは意外にノッペラボウな脚でした。それに比べると脚に彫り込みが多く、配線までしっかりあります。ですが、やり過ぎの嫌いもあります。前脚のライト装着部分を別パーツにする必要はなかったと思います。またダンパーの動きを支えるパーツも別です。小さいのでピンセットを使いますが、パーツを無くさないように気をつけて接着するので目が疲れて時間が掛かりました。1:72で、このパーツ割にするのかと、個人的には苦痛でしかありませんでした。若干角度がずれた気がします。

イタレリ F-35B 機首下

武装

今回は、訓練からの帰還というテーマで制作したので、ステーションにパイロンは装備させたものの、武装はつけていません。また、Royal Air Force所属の機体にしたため、ビーストモードで武装するにしても、キットに付属しているミサイルや爆弾はRAFでは使わないため装着できません。装着したい場合には、ハセガワのアクセサリー・キット「ヨーロッパ エアクラフト ウェポンセット」を別途用意するか、米軍機にすることになります。


デカール

開封してデカールを見た瞬間、サイズがやや大きめにつくられたものに思いました。コーション・データのフォントサイズを見るとそう思います。ハセガワのデカールよりは確実に大きいですね。デカールを貼る際には、このキットのモールドが、ハセガワのキットほどの正確性はなく、雰囲気を出せばよいというレベルなので、モールドに合わせてデカールを貼るというのは全体のバランスを崩す危険があります。説明書以外の資料の写真を見てからデカールの貼る位置を確認して貼ることをお勧めします。

最後に

コクピットの問題はなんとも厄介でしたが、なんとか収まった感じに仕上がりました。このキットは、キャノピーの出来が気にならない、またはフレームの制作に挑戦してもよい方にお勧めです。このキットの説明書は、訂正の案内も入っていましたが、それ以外にも色の指定など間違いが所々見受けられますので、ご注意を。


ハセガワ 1/72 イギリス空軍 ヨーロッパ エアクラフト ウェポン セット プラモデル X72-15
ハセガワ 1/72 イギリス空軍 ヨーロッパ エアクラフト ウェポン セット プラモデル X72-15



(追記)
このキットの制作を初めて直ぐの4月初旬、全国に緊急事態宣言が発令され、これまで以上に思うような活動ができない事態になりました。外出を控えるよう提唱されたことで、増えた「おうち時間」ですが、どのように過ごされたでしょうか。読書や音楽は、頭や耳には心地良いのですが、手での作業がないことに、どこか落ち着きませんでした。楽器を弾くにしても、サイレント楽器は持っていませんし、綺麗な音色に聴こえてくれるならともかく、うるさく聞こえてはいけないだろうと控えました。手持ち無沙汰でストレスが溜まるわけにはいかず、自然に模型を製作する時間が増えていた次第です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント