JAS 39A グリペン 1:72? #タミヤ #イタレリ

今回、鍛錬にタミヤのウォーバードコレクション No.59、JAS-39A グリペンを組み上げました。このキットは、正直に言って、ディティールは目に余るものがあります。すべてに補正を行ったら限がありません。他でも酷評されていたりはしますが、それでも安価で入手しやすく鍛錬にはうってつけの一品です。

見ていくと、1:72スケールモデルのはずですが、脚の造形が省略され過ぎていたりと、まるで1:144スケールモデルかのようです。パーツの噛み合わせの悪さ以外では小難しいことはないように感じました。

それが一番の厄介事ではありますが、スジ彫りの位置がずれていたり省略されている箇所が多々あったりもします。これも正確性を高めるうえでは厄介でしょう。また、胴体上にある3つのアンテナもサイズ比がおかしいなど、もう人によってはやる気をなくしかねません。

それでも、そのアンテナのサイズ比の違いを逆手にもう一つのアンテナを付け足してみたり、板状だった脚を脚周りの配線を再現しなくても現実により近くすべく彫刻刀で彫り込んでみることにしました。A/B、C/D型の主脚の形状は、特徴がありますから。他にも排気ノズルを少々彫り込みましたし、それなりの出来には持って行けたと思います。

塗装は、毎度の筆塗りです。晴天下での機体をイメージしてアクリル塗料を選択しており、指定色は一切使いませんでした。惜しむらくは、デカールの色が思っていたより目立っていないことでしょう。


JAS-39A Gripen
JAS-39A Gripen
JAS-39A Gripen
JAS-39A Gripen
JAS-39A Gripen
追記:
掃除中に一部、壊されたので。未公開だった写真を載せますね。( ´ー`).(12/16)
P3012755.jpg
キャノピーの後方に円型のアンテナを追加。

P3012734.jpg
前脚の主柱は、三つに分かれているように彫刻刀で彫り込み。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック