発進! (ハセガワ 1:72 F-35B )

ハセガワのF-35 ライトニングII (B型) ”U.S.マリーン”を組み立てました。ノズルの取り外しが出来て、実機同様の回転機構で可動可能が売りの模型です。それは、パーツの整形処理もどんとこいの人たちならお手軽なのでしょう。それよりも、フラッペロン、水平尾翼、垂直尾翼が一体形成されて別パーツなのがありがたい一品です。駐機状態も様になります。

そこで、短距離離陸の際に飛行甲板から飛び出したシーンを再現すべく、水平尾翼の角度をつける改造を施しました。

組み立て

実は、飛行機模型に改造を施すのが初めてでした(笑)。工作が不器用な私にとっては、一つの挑戦。どのくらいの角度をつければよいのか。安定して接着するにはどうするのか。現状のスキルを試す絶好の機会となりました。

その結果は、以下の写真を見てください。水平尾翼の角度はそれなりに妥協できるものになったと思うのですが、残念な話、ノズルは固定せざるを得ない状況に陥りました。これは自業自得でしょう。詳細は語れませんが、パーツを取り寄せるぐらいなら、他のものを調達します。

あと、L字型ピトー管も非常に小さいです。なんと、機首には、それを嵌める窪みがありません。接着するだけでは不安です。不用意に何かと接触して外れ行方不明になるよりも、そのピトー管も真鍮線を軸に自作してキッチリと固定することを選択しました。

F-35B Lighitning IIF-35B Lighitning IIF-35B Lighitning IIF-35B Lighitning IIF-35B Lighitning IIF-35B Lighitning IIF-35B Lighitning II

塗装

いつも通りに、筆塗り一筋です。エアブラシは一切使っていませんし、グレイのデカールも併用しました。したがって、今回は、写真でよく見かけるものより”明るめのライトニングII”に仕上がることになります。

そのグレイですが、指定されたグレーは一切使いませんでした。手持ちのタミヤアクリルミニのグレイ系統色を、これまで通りに配合もせず使っています。どの番号の塗料を使ったかは、皆さんのご想像にお任せします。

見えないところでは、ノズル可変部の配線をクロームシルバーやチタンゴールドなどで塗っていますし、ノズルそのものも、焼鉄色だけでなくメタリックグレイも使っています。

操縦席は、フラットブラックだけでなく、NATOブラックも使って立体感を持たせているのですが、あいにくスモークで塗ったキャノピーの下で見えにくくなっています。

仕上げは、ウェザリングカラーのマルチグレーでウォッシングし、タミヤのスミ入れ塗料などで細かいところを塗りました。その上に半光沢のトップコートを吹き付けます。これで角度によってはギラギラしているような感じを出せたと思います。無理にメタリック塗料を配合する必要はないと思うのです。

感想

先に発売されていたA型と違い、操縦席を後から嵌めることが出来たり、脚部のモールドや脚部カバーの固定方法の変更はありがたいものです。とはいえ、カバー類の接着も、接点部分の窪みには塗らないようにしないと嵌らない可能性がありますので、塗ってしまったらきちんとその塗膜は削りましょう(苦笑)。ただ、デカールの台紙の色が、白いコーションの内容が判明しづらく水に付けないと天地が分からない色なのが残念です。他にもできれば、パーツ噛み合わせの精度を上げてもらいたいですが、それでも、スキルが上がったと思えたら、今度は垂直着陸での姿勢に挑戦したいくらい良いキットです。

そのためにも、この模型の注意点は、

・ノズルの可変機構の再現のためには、整形処理をより丹念に行う。

・仮組みは慎重に行う。

であることを肝に銘じておかないと。あらためて私にとって、あの事故は軽率でした。さあ、次へ発進です!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック