1:100 #エルガイム mk2

積みプラ崩しも、ついに1:100スケールへとたどり着きました。その最初として選んだのは、R3(Real Robot Revolution)版 エルガイムMk2です。積みプラの洗い出しをした際に、首や胴周りのカバーなど目立つ箇所で合成ゴムが使われているのを確認していました。12年前に購入した模型ですから、スチール樹脂ではないパーツが多い模…

続きを読むread more

HGUC MS-05B 旧ザク 3機目 を

先月で発売13周年のHGUC 旧ザク 3機目を組み上げ完了しました。発売直後にまとめ買いし、10年以上眠らせていたキットでしたが、この2年で3機すべてを立体化できました。これも「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 」アニメ化のおかげです(^^♪。 OVAで動く旧ザクを見たからというのはもちろん、THE ORIGINザクのキットを目…

続きを読むread more

1:60 緊急展開ブースター w/アーバレスト その3 #フルメタ

今回は、ログというよりギャラリーです。緊急展開ブースターを接続しジャンプ飛行するアーバレスト、考え得るポーズを試行錯誤して色々な角度から撮影を試みた写真です。 「Short Time Cruise」 「TAKE OFF 離陸」 何枚も撮影したなか選んだ10枚です。アクションベースに情景…

続きを読むread more

1:60 緊急展開ブースター w/アーバレスト その2 #フルメタ

飛び立つアーバレスト ここでは、「緊急展開ブースター」に接続するアーバレスト(ARX-7)の完成までを簡潔に述べます。準備 パーツは、M9の標準色に倣った3色のカラー・ランナーにより構成されていました。シリーズ第一弾のそれは購入していないのでわかりませんが、オリジナルのままだともっと多色のランナーだったでしょう。あの玩具の色合いは、…

続きを読むread more

1:60 緊急展開ブースター w/アーバレスト その1 #フルメタ

今回の目的は、緊急展開ブースターを「これなら飛べる」と思えるように完成させることです。 バンダイスピリッツによるフルメタルパニックの模型シリーズの一つ。このキットは、その第1弾でもあったアーバレストを別カラー(成形色)として、緊急展開ブースターを追加したものです。スタンドのアクションベース5も付属しています。 購入動機はそのブース…

続きを読むread more

HG ザクII C/C-5型キットをC-6/R6型へ改装

未開封だったもう一つのザクII C/C-5型キットを、発売より先にザクII C-6/R6型へと改装しました。改装ポイントは、胸中の機関砲のみですから、そうそう手間取らないと踏んでのことです。 改装と組み立て 多くの時間をかけたのは、仮組みしたボディを使ってどの位置にどのくらいの大きさの穴を開けるかの検討です。穴の径が決まれば、銃口に…

続きを読むread more

JAS 39A グリペン 1:72? #タミヤ #イタレリ

今回、鍛錬にタミヤのウォーバードコレクション No.59、JAS-39A グリペンを組み上げました。このキットは、正直に言って、ディティールは目に余るものがあります。すべてに補正を行ったら限がありません。他でも酷評されていたりはしますが、それでも安価で入手しやすく鍛錬にはうってつけの一品です。 見ていくと、1:72スケールモデルのはず…

続きを読むread more

ROBOT魂でコアブースター!!

「なんとぉ!」と驚きをもって知ったROBOT魂でコアブースターの発売です。それもスレッガー機とセイラ機の2機セットです。 劇場版「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」は、公開してすぐに地元の映画館で見ており、その冒頭での活躍が印象的でした。この飛行機を模型で作りたいと思っていましたが、なかなか納得のいく製品にめぐりあっていま…

続きを読むread more

1:72 AV-8B Plus #ハセガワ

ハセガワの 1:72スケール AV-8B+ を組み立てました。この機体の模型では定番のキットです。なので、色々なところでレビューなど見かけることでしょう。私としては、簡単な改修に加え、彩度を変えた塗装スキームを採用しつつ、嫌みのないウェザリング塗装を試みることにしました。 改修ポイント イジェクションシート 現実では前回組み上…

続きを読むread more

X-29 (ハセガワ B13)

だいぶ間が空きましたが、ハセガワのX-29を組み立てました。エリア88の方ではなく、Bシリーズの方を組み立てました。これ以前のパッケージの頃から、なにかと買いそびれていた一品です。製作するにあたっては、白塗りや大型デカール貼りの鍛錬に良いと思い取り掛かりました。これが「より逞しく。より上手く。」できていれば幸いです。 改修 改修し…

続きを読むread more

MSでスラローム

今回は、ガンプラでスラロームする際の姿勢を台座無しで撮ろうと、「ガンダムビルドダイバーズ」に出てくる模型であるグリモアレッドベレーを使って試みました。 きっかけは、パッケージにある完成写真でした。この胴体とインラインスケートのような足元の形状を見て、これはスラロームで曲がる際の姿勢が台座なしでも出来そうと思えてきたからです。 オリジ…

続きを読むread more

HGUC スタークジェガンを

予告通り、ジェガンの派生型を組み立てました。見ての通り、D型から派生したスタークジェガンをカスタマイズしたものです。 準備 カスタマイズするにあたっては、まずその要件を固めましょう。空想または妄想の世界であろうとも、捉えどころを間違えて、積み木を単純に積み重ねた木偶の棒となっては意味がありません。対艦攻撃能力の強化であること目標探知…

続きを読むread more

HGBF ゴーストジェガンFをカスタマイズ

今度は、プレミアムバンダイで発売されたジェガンを組み立て。このキットは、HGUCジェガン(エコーズ仕様)に新規造形パーツが追加されたものです。 ゴーストジェガンには、M型とF型の2種類ありますが、共通してアーミーナイフとラックが追加されています。このF型は、その他にバイザー関連と肩アーマーが新規造形パーツです。M型では、F型と異なるバ…

続きを読むread more

発進! (ハセガワ 1:72 F-35B )

ハセガワのF-35 ライトニングII (B型) ”U.S.マリーン”を組み立てました。ノズルの取り外しが出来て、実機同様の回転機構で可動可能が売りの模型です。それは、パーツの整形処理もどんとこいの人たちならお手軽なのでしょう。それよりも、フラッペロン、水平尾翼、垂直尾翼が一体形成されて別パーツなのがありがたい一品です。駐機状態も様になり…

続きを読むread more

HGCE ブラストインパルスガンダム を組み上げる (3)

インパルスガンダムモビルスーツ本体の組み上げは、ボディ、腕、脚、足、腰、そして頭という順番で組み上げていきました。 ボディ ボディは、もともとオリジナルが複雑な色使いをしており、それを再現するために、黄色、エメラルドグリーン、紺、青、白と5色のパーツを絡ませた構成になっています。その腕とのジョイント部を見る限りでは、この模型ではORI…

続きを読むread more

HGCE ブラストインパルスガンダム を組み上げる (2)

ブラストシルエットブラストシルエットは、合体時に先のシルエットフライヤーという無人牽引機と接続され運ばれるインパルスガンダム用バックパックの一つです。砲撃戦向けということで砲が4器にミサイル装備そして護身用にジャベリンが格納されているという設定です。 この模型では、ジャベリンが大型ビーム砲に1つずつ格納されている箇所も見られるように再現…

続きを読むread more

HGCE ブラストインパルスガンダム を組み上げる (1)

およそ2年前に手に入れてしばらく放置していましたが、ようやく、ブラストインパルスガンダムに手をつけることにしました。ガンプラの場合は、オリジナルの塗装スキームにしない前提で組み上げることを考えています。ですので、塗装スキームが思いつかない限りしばらく眠らせることになります。このブログに掲載したガンプラを見ても、オリジナルの塗装スキームに…

続きを読むread more

ALL CLEARを楽しみました

1週間経ちましたが、今年における年度末、年度初めの三月三十一日、四月一日の両日は、坂本真綾さんのライブを楽しませていただきました。 初の海外公演も含まれていたツアーゆえ、海外受けするメドレーもあったりと一味違う楽しいひと時でした。ただ、演奏してくれたのは良かったのだけれど、「ハニー・カム」でのコーラスとの掛け合いに、物足りないものを…

続きを読むread more

#ザク ハーフキヤノン MS-06CK を乾燥帯域仕様に塗る #ガンプラ

今回は、ザク ハーフキヤノン。どのザクキヤノンよりも、小規模改修が施されたイメージが、リアルタッチで前から気になっていました。当初は買うのを控えていたのですが、やはり買ってしまいました。 ただ、ゴッグに寄せたのかは知りませんが、ブラウンとイエローの塗装がしっくりこない。このことから、乾燥帯域に見られる現代的な塗装に落とし込み仕上げるこ…

続きを読むread more

#牧野由依 「WILL」を聴く

牧野由依さんのミニアルバム「WILL」を入手。早速、一聴しました。 1曲につき最大5点として評価してみましたが、計7曲で28点になりました。これは全て4点としたわけではありません。しかし、全体で8割ほどの得点になりましたから、最良とはいえなくても出来の良いアルバムだと思います。あくまで、一聴したかぎりでのことですから、聴き込めば変わる…

続きを読むread more